作業者

倒壊などの二次トラブルを避けるなら解体工事を実行するべき

解体業者に依頼しよう

重機

住宅の建て替えなどを行う場合には、解体工事が必要になる。神奈川などの住宅が密集しているエリアでは、重機が活用できないケースもある。これらにより、解体費用が大きく変わることがあるため、業者の比較検討が必要である。

必要手続きも相談しておく

ガレキ

東京で解体工事を依頼する場合、費用の目安は3万円から8万円位の単価掛ける坪数が、平均的な算定式になります。解体工事に伴う必要届け出などは、専門業者にも予め尋ねておき、適切な対応ができる業者を選定する事も大切です。

もし管理出来ないのなら

工事現場

今後、使用することのない建物は、解体工事を専門業者へ依頼するのがよいでしょう。そこで費用を少しでも安くしたいのなら、安い業者を見つける必要が有るのですが、そのためにも大阪での費用の相場を知っておく事が重要になります。

建物の環境保全

解体工事

建物を解体するには

建物はいずれ老巧化します。また長く使わず放置すれば、災害が起きたとき倒壊の危険があります。また環境汚染の原因ともなります。そこで解体工事が必要となります。兵庫の解体業者の例をとりますと、豊富な実績で安全かつ迅速な工事をしてくれることが多いです。また、低価格で解体工事をしてくれます。解体工事は基本的に現地調査から始まります。その後見積書の提出から契約へと移行します。契約が済めば、具体的な作業に入っていきます。建設リサイクル法による届出や近隣への挨拶、配管の撤去手配や足場養生の設置などを行ったうえで解体工事を行っていきます。最後には取り壊し証明書が発行されます。ここでは兵庫の業者の例をとりましたが、これに近い手順で工事は行っています。業者の中では安さだけを売りにしていたり、不法投棄をしていたりするところもあります。きちんとした確認をすることで安心できる業者を選定できます。費用は兵庫県の例で80万円程度が相場となります。選び方としては、まずホームページを確認して、実績を把握することが基本的です。最も良い方法は、兵庫県内、ないしは近所で工事をしているところを確認して、廃棄物の処理をちゃんとしているか解体工事内容を確認することが大事です。ホームページの会社概要には置き場の住所が明記しています、こういうところが一番安心です。古い建物の放置は危険です。物置、倉庫がわりに使っている事もよくある話ですが、いつまでもというわけに行きません。環境保全、近隣の方々に不安を呼び起こさないうちに、速やかに解体工事を行い、地域安全を図る事が大事です。